WORKS

トップ
/
わたしたちの仕事
/
住宅セーフティネット

住宅セーフティネット

実証研究

今後の高齢化と持ち家率の低下、未婚率の上昇等によって居住の安定はますます社会的に重要な課題になってきます。

住宅セーフティネットの研究は、居住安定のためには、どのような制度があるべきなのか、そのためになにが家賃滞納を引き起こすのかということなどについて、実証的な分析から検討しています。

関連リスト

2017.11.20:居住安定に向けた国内の取り組みと住宅セーフティネット,季報「住宅金融」2017年度秋号No.43

2017.4.30:行動・思考様式が家賃滞納に与える影響(審査付き論文),都市住宅学97号(2017SPRING)

2017.3.24:低所得者の居住安定に関する制度検討(博士論文),筑波大学大学院システム情報工学研究科社会工学専攻

2016.5.31:生活保護受給世帯における住宅扶助費に関する研究(審査付き論文),社会福祉学Vol.57-1(No.117)

2015.4.30:民間賃貸住宅の家賃滞納に家賃・敷金・契約者属性等が及ぼす影響(審査付き論文),都市住宅学89号(2015SPRING)

2014.7.30:民間賃貸住宅における家賃滞納の定量分析(審査付き論文),都市住宅学86号(2014SUMMER)

2012.4.30:代位弁済情報(家賃支払情報)データベースの意義と現状及び課題:(一般社団法人全国賃貸保証業協会システム委員会),都市住宅学77号(2012SPRING)