News

お知らせ

SUUMO リサーチセンターからのお知らせを掲載します。

2019
.
11
.
14
お知らせ

SUUMOリサーチセンターのウェブサイトをリニューアルしました。

(
)
2018
.
12
.
08
学術

前所長宗健・新井優太が論文「住まいが主観的幸福度に与える影響」及び「富裕層および団地の集積が家賃に与える影響」を都市住宅学会第26回学術講演会(2018年度全国大会)で発表しました。

(
都市住宅学会
)
2018
.
11
.
24
学術

前所長宗健・新井優太が論文「東京23区の住民属性が家賃および中古マンション価格に与える影響」及び「空き家問題の認知状況が不動産投資意欲に与える影響」を日本不動産学会2018年度秋期全国大会(学術講演会)で発表しました。

(
日本不動産学会
)
2018
.
06
.
28
学術

宗健の審査付論文「地域の共同住宅空室率が中古マンション価格に与える影響」が登載されました。

(
日本不動産学会誌 Vol.32 No.1 2018・6
)
2018
.
05
.
27
学術

宗健が執筆した「行動・思考様式が家賃滞納に与える影響」が2018年都市住宅学会賞論文賞を受賞しました。

(
都市住宅学会
)
2018
.
04
.
02
イベント

宗健が登壇した「公開シンポジウム : 「都市の老い」にどう向き合うのか?」の様子が紹介されました。

(
住宅新報
)
2018
.
03
.
26
レポート

宗健が「家賃滞納の社会的損失とその構造・要因及び政策提案」を報告しました。

(
クレジットマネジメント研究会
)
2018
.
03
.
26
メディア

宗健がインタビューを受けました「[安心R住宅]の展望と期待」が掲載されました。

(
住宅新報
)
2018
.
03
.
16
イベント

宗健が「民間主体から見た今後の都市問題」を報告しました。

(
公開シンポジウム「都市の老い」にどう向き合うのか?
)
2018
.
03
.
07
レポート

宗健が「労働時間が仕事満足度に与える影響」(口頭発表 :  補足資料「主観的幸福度と住まいの関係」(2018.3.29)および「発注者と開発者のスキル・意識の違いがシステム開発に及ぼす影響」(口頭発表)を報告しました。

(
経営情報学会
)
2018
.
01
.
25
レポート

宗健が第4・5章の執筆を担当した「都市の老い :  人口の高齢化と住宅の老朽化の交錯 :  齋藤誠(編著)」(勁草書房)が発行されました。

(
都市の老い(勁草書房)
)
2017
.
12
.
08
レポート

宗健が「低所得者の居住安定と家賃滞納及びその対策」を報告しました。

(
都市的土地利用研究会
)
2017
.
11
.
25
学術

宗健が審査付論文「地域の空き家率が家賃に与える影響」を発表しました。

(
日本不動産学会2017年度秋季全国大会(学術講演会)
)
2017
.
11
.
24
学術

宗健が2016年度日本不動産学会湯浅賞(研究奨励賞)(博士論文部門)を受賞しました。

(
日本不動産学会
)
2017
.
11
.
24
イベント

宗健が審査員を務めました。

(
学生ビジネスコンテスト「不動産テックを活用した部屋探しの新たなカタチ」(ハウスコム主催)
)
2017
.
11
.
23
レポート

宗健と研究員・新井雄太が「空き家の実態と家賃・価格への影響など~柏市を事例として~」を報告しました。

(
柏市の未来予測研究会(麗澤大学)
)
2017
.
11
.
19
メディア
(
季報「住宅金融」2017年度秋号No.43
)
2017
.
11
.
13
メディア

宗健がコーディネーター・パネリストとして参加した第222回賃貸を考える会「不動産業界におけるAI・ITの未来」(10/30開催)の内容が、住宅新報(7面)に掲載されました。

(
住宅新報
)
2017
.
09
.
11
お知らせ

宗健が基調講演を行った賃貸フォーラム2017(大東建託)の様子が紹介されました。

(
住宅新報
)
2017
.
08
.
06
メディア

宗健の論文「住宅・土地統計調査空き家率の検証」の内容が紹介されました。

(
住宅新報
)