WORKS

トップ
/
わたしたちの仕事
/
愛ある賃貸住宅を求めて

愛ある賃貸住宅を求めて

調査

『愛ある賃貸住宅を求めて:NYC, London, Paris & TOKYO 賃貸住宅生活実態調査』は、事例調査や意識調査、有識者の寄稿を通じて、今後の民間賃貸住宅の在り方について検討を行った調査レポートです。

賃貸住宅は、分譲される住宅と比べて一般に、居住環境の豊かさ、建物の寿命といった面で劣る、
居住者の満足度も低い、というイメージがあります。しかし、一方で世界の大都市、ニューヨーク、ロンドン、パリは賃貸居住者の比率が高く、これらの大都市と肩を並べるべき東京は、比肩しうるだけの賃貸住宅を有しているのでしょうか。

賃貸住宅ビジネスは「きずな」、つまり、 1人でも入居者がいる限り、その建物が良好な状態で使えるよう、入居者が安心して暮らしていけるよう適切な維持管理を続ける、あるいは、入居者のお財布だけでなく、あなたが選んだ彼、彼女の人格をも尊重する、といった、目に見えないものを維持し続けることで継続できるビジネスです。このように本調査レポートでは、賃貸住宅ビジネスを、いわば「愛のビジネス」だと再定義することで、良質な賃貸住宅を増やしていくことができるのではないか、という視点に立っています。そして、住まいの歴史社会学、日本、アメリカ、フランス、イギリスの市場統計、実務家の意見を交え、今日の日本の賃貸住宅やそのビジネスを問い直すことを試みています。