research
トップ
/
調査データ・研究実績

いざという時に、居住者同士で助けあえるか?~マンション管理とコミュニティについての調査2022(首都圏)~

リリース日 :
2022
9
1

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:北村 吉弘)の住まい領域の調査研究機関であるSUUMOリサーチセンターは、人々の自分らしい人生を応援するために「住まいの価値」を提言・実証する研究を進めております。昨今多発する自然災害における防災・減災の観点から、隣近所同士で助けあう“共助”の意識を高めることが大切と考え、2004~2020年の間に首都圏の新築分譲マンションに入居した購入者を対象に、“分譲マンションの共助力”に関する調査・分析を実施しましたのでご報告いたします。

“共助力”の高い分譲マンションは、理事会と管理会社が、居住者の交流を積極的に支援

調査トピックス

  1. 分譲マンションの“共助力”は低下傾向
    ▶「マンションの居住者とは、いざという時に助けあえる」と思う人は、2022年全体で32.3% 、初回の2016年調査の40.1%から7.8ポイント減少
  2. コロナ禍を経て、分譲マンション内のイベントが減少
    ▶「居住者向けのイベントに積極的に参加している」と思う人は2022年全体で27.0%、前回の20年調査(20年2~3月実施)から7.0ポイント減少
  3. 居住者間で「頼みごとができる人」は、“共助力”が高い
    ▶ 頼みごとができる人が、「マンションの居住者とは、いざという時に助けあえる」と思う割合は67.6%と高く、頼みごとができない人の22.0%とは45ポイント以上の差
  4. 理事会が居住者同士の交流を積極的につくっているマンションは、“共助力”が高い
    ▶ 理事会が「居住者同士の交流を積極的につくっている」と思う人のうち、「マンションの居住者とは、いざという時に助けあえる」と回答した人の割合は56.0%
  5. 管理会社が居住者の交流を積極的に支援しているマンションは、“共助力”が高い
    ▶ 管理会社が「居住者の交流を積極的に支援している」と思う人のうち、「マンションの居住者とは、いざという時に助けあえる」と回答した人の割合は49.5%

解説

コロナ禍に直面したこの2年半、恒例のイベントを中止し、共用施設の利用をたびたび停止にする分譲マンションが多くありました。管理組合理事の任期が2年だとすると、居住者間交流のノウハウ継承がストップしたことになります。災害時など“いざという時の共助力”への影響は、これからさらに大きくなる可能性があるでしょう。理事会や管理会社の努力だけに頼ることなく、居住者各々が自助・共助を意識し、「頼みごとができる」関係性を築いていく必要性を感じます。また、居住者同士が普段から交流できなくとも、いざという時に何をするべきかわかる状態をつくっておく“共助の仕組み化”も重要だと考えます。

20220901_housing_01

SUUMO副編集長
SUUMOリサーチセンター
研究員
江原 亜弥美

調査概要

続きをご覧になりたい方は、以下より本編をダウンロードください
本編では、以下のトピックスについて説明しています

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。
出典元の記入方法は、以下の通り記載ください。

「調査名/(株)リクルート調べ」
(可能であれば、サイトURL (https://suumo-research.com/)も追記ください)

また、データご使用の際は、事前に①ご使用になりたい調査データ名、②使用用途を以下よりお知らせください。

あとがき

「いざという時に、居住者同士で助けあえるか?~マンション管理とコミュニティについての調査2022(首都圏)~」を担当したリサーチャー

江原 亜弥美
担当分野:共助

江原 亜弥美が担当した他の調査

SUUMOリサーチセンターは、全ての人の「自分らしい住まい」との出会いを応援するため、住まいと暮らしの調査研究を行っています。

SUUMOリサーチセンターは、SUUMOの調査研究機関として、住まいや暮らしについての調査、住まいの品質向上に向けた実証実験、テクノロジーの実態調査を行っています。業界に向けた提言や生活者に向けた発信によって、住まいの価値を高め、ひとりひとりにその価値が届くまでの伴走・支援をしています。リクルート住宅総研としての創立以来、約20年に渡って培ってきた住まいの検討者と不動産事業者に関する深い現場知見とSUUMOという国内最大級メディア運営に基づくデータに依拠した、実現できる未来を発信していきます。

SUUMOリサーチセンターが発表した最新の調査レポート

転載に関する注意事項

各調査物の著作権は株式会社リクルートにあります。許可なく無断での複製・転載・改訂を禁じます。また、お手数ではございますがご利用頂いた際にはその紙面、画面についてご連絡ください。

SUUMO リサーチセンターにて発表している調査物を引用される際は出典元の明記をお願いいたします。

「調査名/(株)リクルート調べ」
(可能であれば、サイトURL (https://suumo-research.com/)も追記ください)

「IPD/リクルート日本住宅指数(RRPI)」に関しましてはレポートページを必ずご参照下さい。